オープン式のドア種類|フロアコーティングや玄関ドアのおすすめを知って賢く業者へ依頼しよう|住宅,com

オープン式のドア種類

玄関

オーソドックスなデザイン

集合住宅でよく見掛けることの多くなった片開きのドアは、シンプルなデザインが特徴的です。中央の部分にガラスのデザインなどが施されて、外の光が入ってくるのが素敵です。狭い範囲での設置がしやすいのでオススメ出来ます。

外国に来た気分になれるドア

親子ドアと呼ばれる洋風なデザインが特徴のドアは、向かい合っている形になっています。主に小扉は閉めた状態のことが多いです。ドアの上半分がガラスで向こう側が見えるので、外国風なデザインとも言えるでしょう。

光の演出が出来る

袖付きの玄関ドアであれば、袖に窓部分がついたデザインがほとんどなので明るさを演出できます。玄関室内で灯りをつけていれば、外からもあたたかな光がうつるでしょう。光が外からも入りやすいので開放的な気分になれます。

開放的なドア

両側からオープン出来る玄関ドアは、皆が一度は憧れるドアですよね。大きいものを部屋に入れる際もラクラクで入れることが出来るので、利便性にも優れています。そのため、リフォームする際はなるべく広い範囲の玄関が良いでしょう。

玄関ドアリフォームの料金を知る

平均価格を知る

玄関ドアリフォームの料金は、グレードや工事内容によっても異なります。一般的には、玄関ドアリフォームでかかる平均価格は約20万円~35万円ほどになっています。断熱素材を使うとグレードがあがるので、費用もあがります。

タイルを合わせて工事する場合

玄関のドアをリフォームを行えば、新しいドアの方に合わせて雰囲気を統一したくなるものです。その時に玄関のタイルをリフォームも合わせて行う場合は、費用が少し変わります。全般で玄関リフォームを行うと、合計金額が平均約30万円~80万円になるでしょう。

費用が高額になるケース

リフォームをする上で最も重視したいポイントは、予算にあった工事を行なってくれるかですよね。そこで、玄関ドアリフォームが高額になってしまうパターンを事前に知っておくと良いです。高額になる理由として、ドア枠のサイズが元のサイズと異なっていた場合などがあげられます。その他にも、玄関全体のリフォームを行えば高額になっていきます。

広告募集中